支援制度があるなら受けてたい

最近はあまり聞いたことがないのですが、
使わなくなった学校を起業家のために開放していたそうです。
そこには支援者もついており、企業スルためのノウハウまで教えていたのだそうです。

それぞれがこれから会社として大きくしていこうという取り組みをしながら
大きなスペースを仕切っただけの空間。
衝立程度のものが置かれ、そこで頑張っている方々がいました。

現在も少子高齢化社会ですので廃校となる学校はあるでしょう。
または企業が撤退した跡のビルもあるでしょう。

ビルだとコールセンターとして活用もしているようですが、
もし起業家支援センターなるものがあれば、そこに入ってもいいと思いませんか?

家賃は出るとは思います。
でもオフィスを借りるよりも安いでしょうし、
なによりも支援してくれるというのが魅力です。

過疎化が進んでいる地域にあれば地域活性化にもつながります。
そこに若い方が移り住むわけですので。

このようなシステムはどんどん作られるべきかと思います。

ネットに不慣れならプロの手に

起業家でインターネットに不慣れというなら、
ネットマーケティングのプロに相談をすることです。

ウェブサイトを作っている会社や、成約率を上げることができるSEO業者。
強力なタッグのものでサイトを作ってもらうのですが、
その中には貴女自身も必ず入ることです。

ネットマーケティングはどのようになっている。
あなた自身ができることはなんである。
しかもインターネットを使ってできること。

全てお任せにしてしまうとどこかで疑問を持つようになりますし、
教わることができることはあるのに、それをせずに終わってしまいます。

あなた自身がインターネットを使うことでできることは、
事業の成功にもつながっていくことです。

仕組みは割と簡単ですので、打ち合わせをしながら納得し、
それを教わりながら、サイトはプロの手で作ってもらいましょう。
もちろん集客術もですが、あなた自身ができることは
集客にもつながっていくものとなっています。
完全おまかせは良くないですよ。

一つのサイトから構築できるもの

公式サイトや販売サイトといわれるものがあります。

柱となるサイトということになりますが、ネットマーケティングでは、
それを基準として下に複数のサイトを立ち上げるようにします。

是非たちあげてほしいものは、自身の個人的なブログ、それからツイッターやフェイスブックというもの。
それらにはあなたの本職に繋がっている社名を入れてリンクを貼ってください。

他のサイトで立ち上げるべきものとしては、
商品に関連する記事を情報系サイトとして複数です。
商品の良さをアピールするものもいいでしょう。
それはセールスレターという位置づけになるかもしれませんが、
1枚のペラと呼ばれるスタイルが基本です。
販売につながる最も重要な記事を書かなければなりませんので、
魅力的なものを作ってください。

例としてあげますが、ダイエット商品を売っているのなら
様々なダイエットに関するサイトを無数に作ります。
だけダイエットについて
炭水化物ダイエットについて
などなどです。

携帯サイトに参入しますか???

携帯サイトはあまりパッとしませんでしたね。

参入する企業もあったのですが、それを元にアフィリエイトで稼いでいた方も居ますが
稼げていたのはほんの僅かだと聞いています。
ネットとくらべて稼げてなかったという感じです。

今現在、携帯ショップに行ってもほとんどのものがスマートフォンなどに変わっています。
携帯電話の数もだいぶ少なくなっており、
スマートフォン人口が多くなってきているようです。

じゃあ、これから携帯サイトに参入したらどうなのでしょう?
見る人もいなくなるのではと感じています。
ネットアクセスするために、便利なアプリを使うためにスマホ人口が多くなっているのですから。
携帯電話を持つのは子供や高齢者だけになりそうですので
本当に見る方がいなくなってしまう可能性が高いと思います。

スマホで使えるブラウザに対応したサイト。
これからはその時代でしょう。

どのブラウザでも見ることができるサイトだと、
多くの方が見てくれると思います。

人が集まる場所に行こう

ネットで稼ごうと思うのなら、ネットユーザーたちが集まる場所にいきましょう。

今だとフェイスブックやツイッターなどになると思いますが、
そこを活用することで、会社もアピールすることができますし、
あなた自身に人間的魅力を感じたら沢山の友達ができます。

フェイスブックなどでは講座やセミナー情報を書かれている方もいます。

ネット起業家の多くがセミナーを開講しており、
それが商品であったり、見込み客を集めるためのものだったりもします。

例えばFXのトレーダーたち。

その方々も講師としてセミナーを開講し、
FXのノウハウを教えながら情報商材販売もしています。
あるいはその方の師匠となった方のDVD販売などです。

人が集まる場所に行かずにいると露出度は低くなります。

面倒くさいなんて思わず、見込み客を発掘すべくやってみてください。

最初からビジネスについてのことを書かれてもいいですし、
時事ネタとしてニュースをチェックしながら意見を書かれてもいいと思います。

支援制度で導入できるか?

起業家支援を儲けている地域は団体は色いろあるようですが、
もしSEOコンサルティングをそれで受けられるとしたら良いことですね。

支援制度の中には各種融資制度がある場合もあり、
もしサイト制作からSEOに至るまでもその枠の中にいれこむことが出来れば
痛い出費もありません。

ただ、企業支援や融資制度というものは
きちんとした事業計画書は絶対ですのでどのような業種でやっていく
サービスの提供はどうする、会社設立した後の試算まで出しておかなかければなりません。

もしそれが地域おこしとなる場合には支援が受けられる率が高く、
公の機関からの支援が受けられる可能性も高くなります。

経営した際の試算表は専門家に出していただくことは必須でしょう。
その場合には会計事務所に依頼をすると良いかと思います。
どのくらいの売りげが見込めるか、地域への貢献度の度合いはどの程度か、
支援制度や融資制度にしっかりと通るような生類提出は欠かせません。

現在はNPO法人もネット参入をしています。
ネット参入をしているということは集客術だって行なっていると思いますし、
利益を残さない団体だからといって特定の人達に貢献できなければ
支援は打ち切られるかと思うのです。
それに必要なのはやはり宣伝と言えるでしょう。

アプリを取り入れる

携帯だとそれほど使えないのかもしれませんが、
スマートフォンやiPhoneだと取り入れられるアプリが多くあり、
たくさんの方が便利に使っています。

起業家がネットに参入して稼ぐのは一般常識化していますが、
アプリもどんどん取り入れたほうが良いと思います。

アプリを取り入れるにはどのような商品を扱うかになるかもしれません。

女性が使っているアプリケーションには、
女性特有の悩みをカレンダーで周期を入れることで
自分の体を把握しようというものがあります。

もしそれをビジネスとして用いるなら、
女性のための生理用品であるとか、
基礎体温計であるとか、体を温めるグッズやサプリなどが扱えそうです。

具体的に取り上げてみるとビジネスモデルとして浮かびやすくありませんか?

アプリケーション自体は無料で使えるようにする。
それに付随しておすすめできる商品を紹介していく。
これでビジネスがしっかりと成り立っていくのです。

アプリケーションとして人気となるためには
どこかで宣伝をしなければなりませんが
それはネットで調べられる情報ですので収集してみましょう。

ソーシャルメディアを使うのはどうか?

成功している起業家の多くが使っていると言われているソーシャルメディア。

それを使えば海外生活も夢ではなく、
そこにいながら稼ぎ出せるという方もいるほどです。

確かにその方々はソーシャルメディアをうまく使っていると思いますが、
簡単だと思いながらこれまでのように更新していると果たして稼げるのか。

これまでブログのように日記として使っていた方だと
ビジネスのための使い方としては良くないのかもしれません。

ソーシャルメディアを使って稼ぐ方法を商材として販売もされているようですが、
行き着く先は、ファンをたくさん作って日々何度も更新することだと思います。

信頼出来る情報を提供しているとそれだけの信用を積み重ねていくことができます。
ネットでのビジネスもリアルの仕事同様、信頼が第一ですし
休みが長くなるとそれだけお客様を逃がすことになります。

たとえば、体調が悪いといってお店を休むと客足は遠のくでしょう。
どうせあまり来ないのだから、1週間くらい休んだってどうってことないなどと。

たしかにあまり繁盛していないお店だとどなたにも困ることはないでしょうが、
なぜ繁盛していないのかという理由も考えながら
毎日お店を開け続けることが大切なのです。

支援にはずっと頼らない

起業家を支援する団体もあるそうですが、
ずっと支援され続けていると面倒ですし、稼げていけると思ったら
支援を切って飛び立ってみてはいかがでしょう。

助成金や支援などがある場合、
いろいろ縛られるめんがあるため、難しくなってくる部分があるのです。

例えば年に1回会計監査も受けなければなりません。
どこまでが活動費として許されるのかそれも把握しなければ
助成金が減らされたり打ち切りということも考えられます。

公の事業としての助成金だと
予算が取れないばかりに打ち切りということも考えれますので、
起業家支援を受けている間に独立も考えて動いていくべきです。

低コストで起業できるのがネットの世界

起業の際にかかってしまうのが費用です。

正式に言うと資本金です。

資本金は運転資金となり借り入れたものもそれに含まれますが、
ネットで起業する場合のそれは、殆ど無いといっても過言ではありません。

係る資金としては、パソコンや複合機があれば微々たるものです。

ホームページ立ちあげが必要でもしそれができないとなれば専門会社に
10数万から数十万円で依頼をします。SEO対策込みでお願いしましょう。

ご自分でできるのであればその費用は必要ありません。
あとはドメイン取得とサーバーレンタル代くらいで、
商品は仕入れがあるもののみと配送が必要なら
梱包資材クライナモノデス。